自転車用レインコート(ポンチョ)の口コミ・レビューあり

自転車用レインコート(ポンチョ)のおすすめ

日常的に自転車に乗る方にとって、雨の日は憂鬱ですよね。

 

我が家は、私と主人が通勤に、息子2人が通学にと計4台も自転車を使用しています。
もちろん雨の日も自転車に乗るので、雨の日の自転車用レインコート(ポンチョ)選びがとても重要となります。

 

今回は自転車を愛用している我が家が、色々調べたり使ったりしてみた、おすすめの自転車用レインコート(ポンチョ)情報をご紹介します。

 

自転車用レインコート(ポンチョタイプ)の特徴とおすすめ商品

 

ポンチョタイプのレインコートとは

最近人気があるのが、ポンチョタイプです。
上からスポッと被るだけなので、とても着脱が簡単です。

 

また、見た目も可愛くデザインもおしゃれなものが多いので、女性やキッズに人気です。
我が家の子供たちも、小さい頃は着せていました。
動き回るチビ達に着せるのも簡単でしたし、なんといっても子供が着ると可愛いんですよね。
大きくなるにつれ、ポンチョ型は敬遠されるようになりましたが(*_*;

 

自転車用だけでなく、徒歩やフェス・スポーツ観戦でもこのポンチョ型のレインコートを着ている方をよく見かけます。

 

また、自転車用のポンチョ型のメリットとして荷物入れをカバーできる形のものがあります。
これは、買い物に行ったり荷物をかごに入れて運ぶ私には大変ありがたいです!

 

デメリットとしては、足元が開いているので足首辺りが濡れやすいです。
上はカバーされているのですが、風が強い横から雨が入ってくる際は要注意ですね。
また、風が強い日はポンチョが広がってバタバタを風にあおられて車や木の枝にひっかかりそうで怖くなるときがあります。
雨風がひどいときは、ポンチョ型はおすすめしません

 

 

自転車用レインコート(ポンチョタイプ)のとおすすめ商品

 

 

安さ重視の訳ありポンチョ

少しの汚れ・傷などの「訳あり」ですが、かなりの低価格でポンチョを購入することが出来ます。

 

我が家では、皆が使える予備のポンチョとしてブルーを購入しました。
予備のつもりでしたが、気軽に使えて自転車のカゴまでカバーできるので、私は良く使っています。

 

どうせ雨が降ったらすぐ汚れるし、私は「訳あり」部分に関しては全く気になりませんでした。
安いレインコートの場合は、驚くほど生地がペラッペラのものもありますが、この製品は生地も厚手でしっかりしています。
ちなみに、「訳あり」が気になる方は「訳なし」商品も同じショップで取り扱っています。

 

この値段でこの品質のレインコートはなかなか見つけることが出来ないので、早めに買い足したいなーと思っているところです。

 

とにかく手軽にお安くレインコート(ポンチョ)を探している、という方には一番おすすめです!

 

 

可愛さ(カッコよさ)重視のおしゃれポンチョ

可愛さ・おしゃれさ重視であれば、こちらがおすすめです!
レインポンチョとは思えない可愛さ♪

 

人気のデザインは、雨の多い梅雨シーズンだと売り切れ続出です。
購入を検討している方は、シーズン前がデザインが選べておすすめです。
また、メンズもシンプルでカッコイイ商品がそろっています。

 

自転車用レインコート(上下分離タイプ)の特徴とおすすめ商品

上下分離タイプのレインコートとは

昔からある形の、上着とズボンに分かれたタイプのレインコートです。
ズボンタイプの為、自転車はとてもこぎやすく、動きやすいです。

 

また、足首までズボンでカバーされるので足元が濡れにくいです。
このタイプにレインシューズ、や防水手袋を着ればほぼ濡れることはありません。
動きやすさ、防水面では一番だと思います。

 

ただデメリットとして、上下脱いで収納したり片づけたりするのが他のタイプに比べて面倒です。
特に雨に濡れたズボンは、一度靴を脱いでズボンを脱いで・・・と煩わしいです。

 

防水性を重視する方、アクティブな男性に好まれる形ですね。

 

自転車用レインコート(上下分離タイプ)のおすすめ商品

 

 

上下に分かれたタイプのレインコートの一番のネックは、雨に濡れたズボンの脱ぎにくさだと思います。
そこで、これだ!と思ったのが、この商品です。

 

ロングタイプのレインコートと、ズボンでは無く「レッグカバー」がセットになっています。
この「レッグカバー」が優秀で、レインコートでカバーできないひざ下部分をカバーするものです。

 

ズボンと違い、靴を抜いたまま簡単に着脱が出来るようになっています。
また、つま先までカバーが出来るので防水性が高いです。

 

上下タイプのレインコートの防水性と、着脱のしやすさの両方を備えた優秀商品です。

 

息子二人は、このレインコートを使っています。
以前ズボンタイプのものを使っていた時は着脱が面倒だったらしく、よく下半身びしょ濡れで帰ってきていましたが、このレインコートに変えて以来そういったことも無くなりました。

 

 

自転車用レインコート(コートタイプ)の特徴とおすすめ商品

これも昔からある形の、ロングタイプのフード付きレインコートです。
コートタイプなので、羽織るだけで着用出来ます。
通常の(自転車用出ない)レインコートを使っても乗れないことはありませんが、自転車をこぐ際に足が開かず、大変危険でしたのでお勧めしません。

 

自転車用のレインコートは、ペダルがこぎやすいように裾が広がり、また足元が濡れにくい設計になっています。
しかし、上下に分かれたタイプに比べると、足首辺りは濡れやすいです。

 

見た目もスマートなので、男性に好まれる形です。
我が家の夫はこのタイプを好んでいます。

 

自転車用レインコート(コートタイプ)のおすすめ商品

 

 

スタンダードなレインコートは量販店でも良く見かけますが、夫が一目ぼれしたのがこの商品でした。
カッパらしくないデザインが気に入ったようです。
自転車用ではありませんが丈があまり長くないので、レインコートが巻き込まれることも無く、ペダルをこぐ分には問題無いようです。
ただ、丈が短い分ひざ下は濡れてしまいます。。。

 

確かにカッコイイデザインなので、徒歩での移動が中心の方はおしゃれで良いと思います。

 

 

 

ちなみに、自転車に乗りながら片手運転で傘をさしている方をために見かけますね。
実は私も以前やったことがありますが、バランスや視覚も悪く大変危険です(+o+)
また、2015年の改正道路交通法から取り締まりや罰則も厳しくなりました。

 

ただでさえ雨の日の自転車は危険がいっぱいなので、なるべく安全性を重視してレインコートを着用することをおすすめします。
憂鬱な雨の日が、少しでも快適に過ごせることを願っています!